「人狼系」とソリッドシチュエーション

人狼ゲームマトリクス

ここでメディアの違いについてふれますと、
典型的なユーザー体験として

  • 映画は「見る」だけの受動的な体験
  • ゲームは、より参与性の高い体験

と一般に考えられているはずです。これを踏まえると、以下のようなマトリクス図が思い浮かびます。
 

ソリッドシチュエーション

「SAW系ゲーム」と言えばまさに今どきのテレビゲームらしい、3DCGを駆使したFPS/TPSゲームは人気がありますよね。

同じ「ソリッドシチュエーションもの」ではあっても、「人狼」は物語を媒介にしてテレビゲームにできても、「SAW」をアナログゲームに転化するのはどうも難しそうです。

昨今すっかり流行りの「人狼系」ですが、どのあたりに面白さの秘密があるのか、自分なりに探ってみると面白そうですね。

ここでは触れなかった他のソリッドシチュエーション映画「ダイ・ハード」「ミスト」なんかと比較して考えていくと新しい発見があるかも!?

ロストディメンション公式サイト – LOST DIMENSION OFFICIAL SITE –

1 2 3
著者プロフィール

taichistereo 執筆記事一覧 Twitter Facebook

サッカー大好き大阪人。テレビゲームに造詣が深く、国内のゲームハードとゲームソフトを収集している。
Xbox Live版「カタンの開拓者たち」をプレイしたことがきっかけで、アナログゲームにも興味津々。
シンプルなゲームが好き。覚えることが多いゲームは苦手。

株式会社コエカタマリン(池袋)の代表。ウェブサイト制作・システム開発・アプリ開発が専門。