深夜ラジオ番組に投稿された謎のゲーム「ザ・トライアングル」

Pocket

Pocket



OLYMPUS DIGITAL CAMERA

2014年3月21日放送のTBSラジオ「JUNK おぎやはぎのメガネびいき」という深夜ラジオ番組の中で、リスナーから投稿されたメールのなかに自作アナログゲームに関するネタがありました。

ザ・トライアングル」という名前のゲームについてなのですが、該当部分をテキストに書き起こしてみました。

 

該当部分は午前2時14分頃から1分ほどです。

海外ドラマ「キリング/26日間」とのコラボコーナー企画として、『リソナー・17歳の素顔』というテーマで募集したメールを読み上げながら、小木さん・矢作さん・鈴木工務店さん(構成作家)の3人でトークしています。

(※以下、敬称略)

やはぎ「ラジオネーム『デビットゆうちゃん』。『トランプの大富豪で遊んでいる人気者グループに対して、仲間に入れてもらうわけでも、周りで見ているわけでもなく、友達と考えたオリジナルのトランプゲーム“ザ・トライアングル”(笑)で盛り上がる、そんな17歳』」

一同「(笑)」

構成作家「どんな(笑)どんなんだ(笑)」
おぎ「なんかネーミングいいけどなあ(笑)」
構成作家「知りてぇ〜(笑)」
やはぎ「あ〜面白そうだな。ザ・トライアングル(笑)」
一同「(笑)」
おぎ「“ザ”を付けてるんだ(笑)」
やはぎ「“ザ”トライアングル(笑)」
構成作家「知りてぇなあ(笑)」
やはぎ「っていうトランプゲームあるんだな(笑)」
おぎ「やー面白そう」
おぎ「知りたいねこれちょっと」
構成作家「知りたい(笑)」
やはぎ「知りたいよ〜(笑)」
おぎ「(笑)」
やはぎ「わかんないけど『ザ・トライアングル』っていうなんか、番組始まったら最初の一回見ちゃいそうだもん。なんかねえ」
おぎ「見ちゃう見ちゃう」
構成作家「(笑)」
おぎ「面白そう。ネーミングがいい」
やはぎ「おもしれぇ」

いったい何なんでしょう、「ザ・トライアングル」。

これだけの情報では何もわかりませんが、高校生が仲間内で考えたオリジナルゲームというのがどういうものか、たしかに知りたくなってしまいますね。

同じ名称で、バラエティ番組(ロンドンハーツ)の人気企画があったようですが、それから何かインスピレーションを受けているのかもしれません。

 

ちなみに、おぎやはぎの2人は以前に「人狼」(汝は人狼なりや?)にハマったという話もしています。それで「ザ・トライアングル」という謎めいたゲームにも興味を惹かれたんでしょうね。

 

みなさんにも、子供の頃に仲間内で誰かが考えだしたオリジナルゲーム・ローカルルールなどがあるのでは?

(YouTube動画での該当箇所は、58:55から)

著者プロフィール

taichistereo 執筆記事一覧 Twitter Facebook

サッカー大好き大阪人。テレビゲームに造詣が深く、国内のゲームハードとゲームソフトを収集している。
Xbox Live版「カタンの開拓者たち」をプレイしたことがきっかけで、アナログゲームにも興味津々。
シンプルなゲームが好き。覚えることが多いゲームは苦手。

株式会社コエカタマリン(池袋)の代表。ウェブサイト制作・システム開発・アプリ開発が専門。

You may also like...